秘書の平凡日記(記録用)


by ffc9tdmdxi
 兵庫県警川西署は21日、署内で保管中の退職予定者の警察手帳4冊を紛失したと発表した。保管場所を知っているのは数人しかおらず、同署は紛失前後の状況について確認を急いでいる。
 同署によると、警務課の巡査部長(39)が10日から15日にかけ、3月末で退職する署員4人から警察手帳を預かった。別の警務係員が19日午後、県警本部に返納するため同課のキャビネットを確認したところ、警察手帳が入った封筒が見当たらなかった。
 警察手帳の保管場所を知っているのは署内に数人しかおらず、巡査部長は「15日に4人目の警察手帳を預かり、4冊あるのは確認した。その後キャビネットに入れたと思うが、はっきり覚えていない」などと話しているという。
 楠田一英川西署長の話 警察手帳の適正、慎重な取り扱いを徹底し、再発防止を図りたい。 

【関連ニュース】
警察署駐車場、車内で自殺か=所有者男性、自宅に遺書
2病院で麻酔薬盗難=兵庫・尼崎
福祉事務所で窃盗被害=事務所窓から侵入か
現金など盗んだ男性尉官を免職=盗撮陸曹は停職
乾燥機使用でタオルのオイル発火か=5人死傷の高齢者施設火災

首相動静(3月15日)(時事通信)
<脅迫容疑>部下を車内に4時間“軟禁” 大和市職員を逮捕(毎日新聞)
生方氏解任「やむを得ぬ」=民主・細野氏(時事通信)
「苦難の行軍」 北から届いた手紙100通 貧困…“拉致被害者”の子供たち(産経新聞)
電波望遠鏡ALMA 日本のアンテナの愛称「いざよい」に(毎日新聞)
[PR]
# by ffc9tdmdxi | 2010-03-23 14:59
 第82回選抜高校野球大会(21日から12日間)に出場する32校の甲子園練習が17日、始まった。

 午前8時半、広陵(広島)が先陣を切ってスタート。智弁和歌山(和歌山)、大阪桐蔭(大阪)など近畿勢も相次いで登場し、リニューアル工事を終えたグラウンドの感触を確かめた。大阪桐蔭はレギュラークラスが2度ずつ打席に入り、快音を響かせた。西谷浩一監督は「甲子園の土を踏み、気持ちが高まった」と話した。

 この日は16校が練習。18日は夏春連覇を目指す中京大中京(愛知)や優勝候補の東海大相模(神奈川)などが登場する。

【関連記事】
センバツ甲子園練習がスタート
“甲子園対決”ビール業界もヒートアップ
「城島ラーメン」できた!4月6日から販売
80年の歩み一挙に 「甲子園歴史館」オープン
基地の町から初センバツ 旋風巻き起こすか嘉手納
20年後、日本はありますか?

7人焼死火災、グループホーム運営会社など捜索(読売新聞)
<放火容疑>新聞社事務所全焼 50歳の社員の男逮捕 滋賀(毎日新聞)
福岡高裁は「違憲」と判断 「一票の格差」訴訟(産経新聞)
グループホーム団体連合会が初の全国フォーラム(医療介護CBニュース)
「日勤教育」JR西への損賠支払い命令確定(読売新聞)
[PR]
# by ffc9tdmdxi | 2010-03-19 04:29
 13日午前10時10分ごろ、奈良市の奈良公園内にある春日大社の表参道で、ボーガン(洋弓)の矢が刺さった雌ジカがいるのを参拝客の男性が発見した。シカは保護され、矢は抜かれたが重傷。奈良公園一帯のシカは国の天然記念物に指定されており、奈良県警奈良署は文化財保護法違反(天然記念物のき損)容疑で捜査している。

 同署によると、被害にあったシカは10歳ほどで、体長約130センチ、約44キロ。矢は鉄製で、全長約52センチのうち約24センチが左腹に刺さっていた。

 シカを保護している「奈良の鹿(しか)愛護会」によると、03年にボーガン、08年には漁具のヤスが刺さったシカが見つかっている。同会総務課の福本千春さん(28)は「抵抗できない弱い立場のシカをあえて攻撃するのは残念。早く元気になって公園に戻ってほしい」と話している。【大森治幸】

【関連ニュース】
<シカ受難>エゾシカ、列車に追われてトンネルに
<動物受難>事故死した動物はどこへ? 市町村が焼却処理
<動物受難>戦場に散った動物たち ペットも軍用に
<かわいい動物で和もう>動物の赤ちゃんもいっぱい 毎日動物園
<生きもの危機> 雪減りシカ急増、食害すすむ尾瀬

<日米密約>非核三原則の法制化要望書…被爆者5団体送付(毎日新聞)
<衆院委>高校授業料無償化法案を可決(毎日新聞)
<ラン>大量廃棄に疑問…温度差利用し再び開花 山梨の業者(毎日新聞)
<公明>民主との連携、選挙後に視野…山口代表(毎日新聞)
警視庁捜査1課長を更迭 「私的な不適切行為があった」(産経新聞)
[PR]
# by ffc9tdmdxi | 2010-03-17 14:46
 長野県中信地区のそば愛好家らが先月、スペイン・カタルーニャ州で開かれたそば祭りに参加、長野産のそば粉を持ち込んでそば打ちを披露した。

 スペインを訪れたのは、そば愛好家で作る「信州そばアカデミー」代表の塩尻市広丘堅石、大学職員赤羽章司さん(61)と、ともに同会員の松本市浅間温泉、旅館経営山崎良弘さん(55)、東京都渋谷区、企画会社長竹本了弘さん(44)の3人。

 山崎さんが大学時代にスペイン語を勉強していた縁で、山崎さんと赤羽さんは2007年からスペイン・カンタブリア州政府のそば栽培に協力。09年には、山崎さんが、カタルーニャ州ガローチャ地方からそばビールの輸入を始めた。

 山崎さんによると、同地方には13〜14世紀、十字軍が遠征した際にそばが広まったという。家畜のえさにするためのほか、画家がピレネー山脈をモチーフとする際、手前に白いそばの花を描くため、農家に金を払って栽培させたとされる。

 現在、同地方でそばを栽培している農家は8軒だけで、耕作面積も計約5ヘクタール。歴史あるそばの将来に危機感をもった地元のジャム製造会社社長が、農家の生産意欲を支えようと、そばビールを開発。これを輸入している山崎さんは、赤羽さん、竹本さんとともに、2月8日から13日にかけて、工場見学のため、現地を訪れた。

 同地方では、ちょうどそば祭りが開催中で、赤羽さんは高級レストランの調理場を借りて、そば打ちを披露。長野産のそば粉を使って、十割そばを提供したところ、地元の料理人からは、そば粉だけで麺を作ったことに驚かれ、客の評判も上々。テレビや新聞でも大々的に報じられたという。

 山崎さんは「スペイン人にそば打ちをおぼえてもらい、信州そばの魅力を広く知ってもらいたい」と、“そば交流”に意気込みをみせている。

温暖化基本法案で詰めの協議=閣僚委を開催(時事通信)
「フワリ」感触、沈む地面…大阪城公園の陥没穴、目撃者が証言(産経新聞)
<訃報>堀木博さん95歳=元日本トランスシティ社長・会長(毎日新聞)
チリ地震の津波、「指示」で避難6・5%(読売新聞)
皇太子さま、ガーナで英世の志継ぐ日本人激励(読売新聞)
[PR]
# by ffc9tdmdxi | 2010-03-16 08:23
 神戸市のホームズスタジアム神戸で7日にあったサッカーJ1、ヴィッセル神戸対京都サンガ戦で、応援の振動を電力に変える「床発電システム」が試みられた。

 神戸側ゴール裏の12席で、サポーターの足元にそれぞれ40センチ四方の発電シートを設置。試合中、跳ねるなどの熱烈な応援で生じた電気を蓄積し、専用の掲示板に表示した。

 発電量は一般家庭の1日の使用量を少し下回る8400ワット。今後、売店などで利用する。サポーターは「力強い応援は試合の盛り上げだけでなく、エコにもつながる」。【米山淳】

【関連ニュース】
手作り太陽光発電を贈ろう ナイジェリア大使も視察
太陽電池:変換効率の向上競争激しく
甲子園球場:「銀傘」に太陽電池パネル設置 エコ球場へ
ソーラー飛行機:2年後に世界一周に出発 スイス人が挑戦
エネルギーの優等生ではあるけれど・・風力発電を建てる前に

<虚偽表示>健康食品ネット販売の320社を指導 消費者庁(毎日新聞)
「逃げてた訳ではない」…10年前の強盗傷害容疑の男を都内で発見、逮捕(産経新聞)
11日の返還を先送り=嘉手納管制、通知取り消し−国交省(時事通信)
不慮の事故死、なぜ地域差? =最高の高知、沖縄の2.7倍−厚労省(時事通信)
緑内障・高眼圧症治療剤の共同販促で契約―万有と参天(医療介護CBニュース)
[PR]
# by ffc9tdmdxi | 2010-03-11 15:12